相手に恨まれないで別れるには助走期間を取る事

相手に恨まれないで別れるには助走期間が大切。冷めてくると我慢できずに、すぐ離婚を宣言する女性がいると思いますが、男性に気持ちの準備が出来ていないと大変な事になる可能性もあり、慎重になった方がよいでしょう。男女の恋愛のもつれは忌まわしい事件になってしまう事があるため注意してほしいものです。

クリスマスやバレンタインデー、彼氏の誕生日があります。これらの前後に別れ話を切り出すのは良くありません。男性からすれば「どうして、クリスマスにデートしたのに別れるのか」、「なんでチョコレートをくれたのに別れるのか」と、激しく混乱してしまいます。

なかには激怒する男性もいるでしょうし、逆に自殺する男性もいるかもしれません。女性は、相手の男性が嫌いになってしまうと、顔も見たくなくなるほどで、すぐにでも別れ話を持ち出すか、電話番号を変えたりして無視するか、そういう行動に出ますが、男性はその変わり身の早さについてはいけません。ですから、相手の気持ちを尊重し、せめて記念日の前後を避けて別れ話を切り出してほしい所です。

どうしても、バレンタインデーやクリスマス前に、彼が嫌いになったら、何か理由をつけてデートを断りましょう。親と旅行するとか、体調が悪いなど。とにかく、もう別れるつもりなのに、デートをするほど罪悪感を感じることはありあせん。最低でも一ヶ月は、会わない口実を作っておけば、彼も「ひょっとするとピンチなのか」と感じるため、別れ話を持ち出しても、大きなショックを受けないものです。

どんなに美しい思い出をはぐくんできていても、別れ際が悲惨だと、すべてが台無しになってしまいます。その男性とは一生会えないし、交際していた時間が無駄になってしまいます。綺麗な別れ方なんて本当はないのですが、少しでも傷を深くしない別れ方なら努力で何とかなるでしょう。

嫌いになったからといって、相手を尊重しないで傷つけてもいいなど、思ってはいけません。せっかく出会った二人なのです、恨みつらみはなしで別れたい所ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る