相手の欠点をどうとらえていますか?

相手の気になるところ、相手に直してほしいところはどこですか?どんなに愛し合っている恋人同士でも、お互い別々の一人の人間同士ですからいい所があれば、その反対に欠点もあります。時間にルーズ、お酒を飲みすぎる、買い物に時間がかかる・・・それぞれ相手に対して気になるところ、腹の立つことはあると思います。

ではそういう時、あなたは相手にそれをどう伝えているでしょうか。腹が立ったのを抑えられず相手に怒ってしまったり、ずっとグチグチ言い続けたりしていませんか。

果たしてそのようにした後、相手は言われたことを直そうとしてくれたでしょうか。もしくは、それが決定打で愛想が尽きて別れてしまったりしたでしょうか。

答えはどちらでもなく、今も関係を続けている人がほとんどだと思います。相手の欠点は直らず、自分の嫌な一面を無駄に見せてしまった、結果として何も変わっていない・・・こんな対処法では2人の関係が上手くいくはずがありません。
 
怒りを抑えられなくなる前に、少し冷静になって客観的に考えるクセを付けましょう。腹が立っている時は、自分のことばかりに目が向きがちです。誰にだって欠点はあります。自分自身もそうでしょう。

腹の立った内容が、絶対に許せない一線を越えていないのであれば、広い心を持って許してあげましょう。許してあげることで、二人の仲は良好さをキープできるのです。

そのためにも、絶対に許せない一線、これをしっかりと自分の中で決めておくことが大切です。それを越えた場合はきっぱりと別の道を進む決断をしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る