けんかをしてしまった時に気をつけるポイントとは

今までに恋人と一度もけんかをしたことがない、という人はそう多くはいないと思います。どんなに仲睦まじい2人でも、ぶつかってしまう時はありますよね。けんかした時こそ、どう対処するかによって、2人の未来は大きく変わってしまいます。

けんかの始まりは些細なことでも、エスカレートしていくとお互いにストレスをぶつけ合うことになっていき、いつしかあなたの相手は恋人ではなく、敵になってしまいます。そして発端とは全く関係のない、悪口や罵り合いのやりとりになることが多くあります。

はたしてそのようなけんかをする2人は、より親密な深い関係になれるのでしょうか。相手を打ち負かしても、お互い得るものは何もありません。けんかをしないことがもちろんベストではありますが、もしけんかになった時は、お互いをよりよく知るチャンスと思って、決して勝ち負けが目的にならないようにしましょう。

そして話し合った後は、自分から先に「ごめんなさい」を伝えるようにしましょう。どちらが悪い、悪くない、という事はここでは関係がないのです。相手も同様に、心の中で反省していると思います。意地を張り合ってギクシャクするよりもよっぽどいいはずです。

ただし気をつけなくてはいけないのは、相手が暴力を振るってきた場合です。たとえ恋人同士でも暴力は立派な犯罪です。そのような相手とは関係を絶って、新しい出会いを探しましょう。頭ではわかっていても、いざ、殴られた後に優しくされたり、同情してしまったりでずるずると関係を続けている人は多くいます。それは決してあなたのためになりません。そこだけは間違えないで下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る