「ケンカするほど仲がいい」は大きな誤解

「私達はよくケンカをするけど、それで愛情が深まっているのだから大丈夫」と言う人がいます。ケンカするほど仲が良い、雨降って地固まる、など昔から良く言われていますよね。しかし、本当にケンカをすればするほど愛情は深まるものなのでしょうか?

ケンカをすることによって、二人が何かに気が付き、お互いの愛情が深まることもあるでしょう。しかし、「ケンカは仲良しの証拠なのだ」と思い込んでいるのでしたら、注意が必要です。

「ケンカするほど仲がいい」は、結果的に仲直りができたからこそ言える言葉です。仲直りできないまま別れてしまう事だって十分あり得ます。ケンカはどんな理由があってもケンカです。愛情を深めたいのでしたら、何もケンカをする必要はありません。

本当に仲が良ければ、ケンカをしなくても、話し合いで解決することができますし、ケンカの刺激がなくても愛情を深める事もできます。

「ケンカするほど仲がいい」はケンカばかりしている二人をなぐさめるための「その場しのぎ」の言葉なのだと思います。その言葉の上に胡坐をかきケンカを正統化しているのでしたら、それは間違いです。

「相手の事を思うばかりに強く言い過ぎてケンカになってしまう」と言う人がいるかもしれません。時には、自分の意見をぶつけ合う事が必要な場面もあると思いますが、本当に相手の事を考えているのでしたら、相手を傷つけるような言い方はしないはずです。今の恋愛を大切にしたいのでしたら、ケンカをするのではなく、ケンカを未然に防ぐ努力をした方がよいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る