金銭感覚の違いは時間をかけて歩みよることで解消

「金銭感覚が違う人とはやっていけない」という話しを聞いたことがありませんか?

残念ながら、いくら愛し合っているとしても、二人の金銭感覚が大きく異なっていた場合は、お付き合いを続けて行くことは困難だと思います。しかし、二人がお互い納得して歩み寄ろうと努力すればその違いを縮めることは可能です。

彼は食事にお金をかけたくないタイプ、でも彼女はたまには贅沢な食事を楽しみタイプ。こんな日常のちょっとした金銭感覚の違いは、どのカップルにもあるのではないでしょうか。このような、日常的な金銭感覚の違いは、二人が相手の気持ちを汲むことで、時間と共に徐々にバランスが取れて行くものです。

しかし、中にはお金にだらしない人がいます。極端に見栄っ張りで浪費癖がある人、借金を繰り返す人、ギャンブルにハマる人、このような理由で金銭感覚が違うと感じている場合は、早めに縁を切る方が賢明かもしれません。浪費、借金の先にあるものは、破産、失業、友人に見放される、など幸せな未来はなさそうです。

日常の中で、ちょっとした金銭感覚の違いを実感する場面はあるでしょう。しかし、そこにばかり意識をしすぎるとお互いに疲れてしまいます。

生きてきた環境が違う二人が出会ったのですから、多かれ少なかれ違いがあるのは当たり前です。愛し合っていれば大丈夫です。時間をかけてお互い歩み寄ってください。そして、二人の共通の価値観を築いていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る