男の涙と女の涙にこめられた意味の違い

男の涙と女の涙は別ものです。それぞれの涙の意味の違いを理解しておくと、もしもの時に役に立つかもしれません。

涙と聞くと女性を連想する人が多いかもしれませんが、男性だって泣く事はあります。しかも、普段から大人しい、目立たないような男性よりも、普段は堂々としていて、社会的に立派で、腕力に自信があるような男性の方が、いざという時に涙を見せる傾向があるようです。

男性の涙には、「こんなに愛しているのに、なぜわかってくれないのだ」と言う自分の愛の蓄積を訴え、「考え直してよ」と言う最後の寛容さを求める意味を持つことがほとんどです。男性の愛に対しての涙は、「未練がましい」涙と言えるでしょう。

一方、女性の涙は全く別物です。女性は、両手で顔を隠し、シクシク泣きながら、指の隙間からこっそり相手の様子を伺うような、演技派の涙を使います。

例え自分が悪いと思っていたとしても、自分から認めたくないので、泣くことで相手を窮地に追い込み、相手の方から歩み寄らせたいという思いが隠れています。とてもズルイのですが、そこが女性のかわいらしさとも言えます。

男性は女性の涙に弱いものです。ついつい女性の涙にほだされてしまう男性も多いのではないでしょうか。

男性の涙には「こんなに愛しているのに」、女性の涙には「あなたが先に謝って」という意味が含まれています。お互いの涙にこめられた意味を理解し、涙にこめられたニーズに応えることにより、スムーズに愛を修復させる事ができるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る