辛い遠距離恋愛を楽しいものにするにはどうすればいい?

遠距離恋愛中はなにかと寂しくなったり不安になったりしがち。遠距離だからうまくいく自信がない・・・そうお考えの女性も多いのではないでしょうか。

しかし、互いにいつでも会える距離にいないからこそ、ずっと新鮮な気持ちで愛し合うことができる場合もあるのです。

今回は、このようにいつまででも相手への恋愛感情を忘れずに関係を長続きさせられるコツや、遠距離恋愛を楽しむ方法についてお伝えします。

【1】会える時にはいっぱい甘えて!

遠距離恋愛をしていると、会える時間がとても少ないですよね。でも、だからこそ会える時にはオーバーなくらいに甘えてみることが重要。

こうすることで、二人で過ごす時間が特別なものになりますし、それまで抱えていたさみしい思いや不安な気持ちを上手に解消することができます。

甘えられる彼の方も、きっとそんなあなたの気持ちを受け止めてくれるでしょうし、一緒に幸せを感じてくれるかも。

恥ずかしさはあるかもしれませんが、普段会えない分自分の感情を正直に彼に伝えてみて。そうすれば、お互いの愛情を再確認することができます。

【2】ストレスは抱え込まないで!

会える時にどれだけ甘えても、やっぱり遠距離恋愛はストレスが溜まるもの。こんなとき、そのストレスを一人で抱え込むのは厳禁です。

なぜなら、彼との関係が進む中でストレスを抱えっぱなしだと、彼に八つ当たりしてしまいがちになるから。

そうすると、最初はラブラブの関係でいた二人も、次第にぎくしゃくするようになってしまいます。

信頼できる友人に相談したり、遊びに行ったり、あるいは不安な気持ちを正直に彼に伝えるのもいいでしょう。上手にガス抜きをして、ストレスを解消できるといいですね。

【3】たまには彼と一緒に将来設計を立ててみて!

ただ将来のあてもなく付き合い続けていても、不安は心の中で蓄積していく一方です。そんな中で二人で話し合い、これから先どうしていくか具体的な見通しを立てることができれば、希望も見えてきますし心も軽くなります。

一人で悩んでいても、自分だけでは将来設計はどうにも立てられないもの。これからの夢や目標を、積極的に彼と共有して前向きな見方をしていくようにしましょう。

どうですか?

もし、「遠距離恋愛が辛い・・・」と思っている方がいれば、少し意識を変えてみて、距離感をあえて楽しめるようになるといいですね。

いつまででも幸せに関係を続けていけるように、ぜひこの記事で挙げたことを二人のあいだに取り入れてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る