私服がダサすぎる彼をオシャレに変身させるには?

皆さんは普段、ファッションに気を使っていますか?

女性は自分の服にこだわりを持っている人も結構多いと思います。

しかし男性の中には、「服なんて暑さ寒さをしのげればそれで大丈夫」と思っている人も少なくないようです。

中には、あまりにファッションに無頓着で私服がダサすぎる人も。

「私の彼氏、まさにそのタイプ!」だと感じたそこのあなた。ダサい彼を格好よく変身させる方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

一緒に服を買いに行く

手っ取り早いのが、一緒に服を買いに行くことです。

しかし、いきなり紳士服売り場に連れて行くと、自分がダサいと思われていることに気がついて彼が傷ついてしまうかも。

ですから、誘うときは「私の服を一緒に見て欲しい」と言って、まずは婦人服を買うのが良いでしょう。それから「ついでにあなたの服も見ない?」と、紳士服を買いに行くのです。

あとは、好みの服を彼に渡して「とっても似合う!」「別人みたい!」と褒めてあげればOK。

あくまでもさりげなさを装いましょう。

彼の服を褒める

意外と思われるかもしれませんが、彼の服を褒めるのがいい手段である場合もあります。

彼だって、持っている服の全てがダサいわけではないはず。ひとつひとつの服は普通でも、コーディネートがダサい場合がほとんどなのです。

ですから、無難な服を持っていたら「その服いいね!素敵!」と褒めて、ついでに「○○と合わせてみても似合うんじゃないかな?」とアドバイスをしてみると効果抜群です。

最初に褒められたことで彼も気分が良くなり、あなたのアドバイスを素直に聞き入れてくれるはずですよ。

芸能人やモデルの服を参考にする

一緒にテレビを見ている時に、格好いい人が映ったら「私、ああいう服が好きだなー」「あなたにも似合いそう」と言ってみましょう。

それ以上の言葉は必要ありません。ファッションに鈍感な男性は、服についてとやかく言われるのを嫌う傾向にあるからです。

独り言のようにぽつりとつぶやくのがポイント。

すると彼は「この子は自分と違ってファッションに敏感なんだな」と気付いて、無意識のうちにテレビを参考にするようになり、いつの間にかセンスも上がってしまうはずですよ。

彼がダサいから別れたい!なんて思う前に、彼のファッションセンスが磨かれるようぜひ一緒に頑張ってみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る