好きな相手はオタク男子!こんな時どうすればいい?

好きになった彼が実はオタクだった、なんて経験ありませんか?

そんな時自分もオタクなら話は簡単なのかもしれませんが、そのような趣味がない場合はどう接していけばいいのか分からずに困ってしまいますよね。

でも大丈夫。オタク男子を落とすのは、案外難しくないものです。

この記事を参考に、オタクな彼とお近づきになってみて!

どんなに長い話でも付き合う

いつも何かに熱中しているオタク男子は、自分の好きな話になるとつい周りが見えなくなってしまいがち。時には自分の趣味のことだけで1時間も話してしまう、なんてことも。

しかし、そんな時に面倒くさそうな顔をするのはNG。

気の利いたコメントを返すことができなくても、「うんうん」「そうなんだ~」と軽く身を乗り出しながら相槌を打って聞いてあげましょう。

趣味に理解を示してくれる相手の存在は、オタク男子にとってかけがえのないものです。

彼の話をひと通りきいたら、今度は自分のことについて熱く語って、お互いに対する理解を深められるといいですね。

漫画を貸してもらう

彼が気に入っている漫画があれば、ちょっと貸してもらうのも距離を縮めるよいきっかけになります。

人間は、自分と同じものが好きな相手には親近感を覚える傾向があるといいます。

「彼女もこの漫画に興味があるんだ!」と思ってもらえればそれだけで好感度はぐっと上がりますし、実際に漫画を読めば共通の話題だってできてしまいます。

好きな漫画を貸し合って、どんどん共通点を増やしていきましょう。

知ったかぶりをしない

始めてオタク男子と関わる人が陥ってしまいがちな罠がこれ。

彼の話についていけないとどうしても知ったかぶりをしてしまいがちですが、それは絶対にしてはいけないことです。

漫画やアニメに対するオタク男子の知識は底なし沼より深いもの。ですから、ネットで調べた程度の浅い知識ではすぐにボロが出てしまいます。

そうなるよりは、知ったかぶりなんてしないで「知らないから教えて!」と言ったほうがずっと良いですね。

昔と比べればオタク文化はオープンになってきたとはいえ、まだまだメジャーとは言えない趣味ですから、彼もあなたが最初から全てを理解してくれるなんて思っていませんし期待もしていません。

分からないなら分からないなりに興味を示して、話を引き出してあげたほうが好感度は上がりますよ。

彼の好きなキャラに嫉妬しない

たとえ彼がいわゆる「萌えキャラ」に愛を注いでいても、そこで嫉妬をするのはNG。

オタクはアニメと現実の区別がついていないなんていう意見もありますが、実際のところそんな人はごくわずか。

アニメキャラと現実の彼女では、結局のところ現実の彼女を大切にする男性が大半を占めます。

つまり彼の頭の中では、アニメキャラとあなたは全くの別物。注いでいる愛もベクトルが違います。

ですから、彼がどれだけアニメキャラを好きでも、「そんなグッズ捨ててよ!」とか、「そのキャラと私、どっちが大切なの?」なんて言ってはいけません。

むしろ、「そのキャラ可愛いね」と一緒になってアニメを見たほうが、お互いにとってもずっと楽しく過ごすことができるんですよ。

オタク男子の生態は女子にとっては謎が大きいものかもしれません。

でも、物事に熱中しやすいのがオタク男子の特徴ですから、ひとたび彼の心を掴んでしまえばあとはトントン拍子に進むことも少なくありません。

あまり気負わず、気楽に接することができるといいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る