別れちゃってもチャンスはあり!元カレにもう一度愛してもらうために

どれだけ愛し合っていても、残念なことにいつ別れが訪れるかわからない、それが恋愛というものです。

少しずつ疎遠になっていくこともあるでしょうし、大喧嘩をして勢いで別れてしまう場合もあるでしょう。

後になって「やっぱり彼と別れたくなかった」なんて後悔した経験、きっと皆さんも一度はあるはず。

しかしそこであきらめる前に、ちょっと待って!もしかしたら彼もあなたと同じで、別れてしまったことを後悔しているかもしれません。

そこで今回は、男性が別れた彼女とヨリを戻したいと思う瞬間についてまとめてみました。

メールを見返した時

「別れたあとも元カノとのメールだけはどうしても消せなかったんです。寂しい時なんかにふと読み返してみると、もう一度恋人同士に戻れたらなって思います」

メールには誕生日のお祝いやデートのお礼など、ふたりの思い出がいっぱい。ひとりになってしまってからそれらを読み直すと、いかに一緒にいた時間が大切だったか実感するということですね。

普段あまりメールをしていないという方は、彼に忘れられてしまわないようにこまめに連絡を取ってみて。

久しぶりに会ったとき

「別れた彼女と数ヶ月ぶりに会ったら、いつの間にか彼氏を作ってたみたいで。見た目もすごく綺麗になってて、今の彼氏に嫉妬してしまいました」

久しぶりに会って、お互いが違う道を歩み始めていることに気付くと、男性は一気に孤独を感じるんだそうです。

特に、彼女が別の彼氏を作っていたとき。ふたりでいたときとは違う趣味を見つけていたとき。前とは別の目標に向かって頑張っていたとき・・・。

自分が知らない一面を彼女が見せると、やっぱり別れたくなかったって思うんですね。

今の恋人と喧嘩したとき

「彼女には申し訳ないんですが、小さな喧嘩をするたびに、元カノならこんなことで怒らなかったのにって思うんです。自分に合うのはやっぱり元カノしかいないんだって思い知らされました」

女性にも経験があると思いますが、新しい人と付き合い始めてしばらくの間は、ことあるごとに前の恋人と比べてしまいますよね。

特に喧嘩をしたときは、元カノの長所ばかりが思い浮かんでしまうようです。

実際、新しい恋人との喧嘩がきっかけでヨリを戻したという人も少なくないみたいですよ。

親身に話を聞いてもらえたとき

「誰にも言えない悩みがあって、ひとりで抱え込んでいた時、ふと元カノの存在を思い出したんです。思い切って彼女に相談したら、すごく真剣に話を聞いてくれて。自分の一番の理解者なんだなって感じました」

友達でもなく恋人でもない、元カノはとても特別な存在。距離が近いわけではないのに、彼のことを誰よりもよく知っているからです。

男性にも女性にも、前の恋人くらいにしか言えない話というものがあるはずだと思います。

もし元カレから相談を受けたら、適当にあしらわないで誠実に話を聞くとよいでしょう。

男性の恋は名前を付けて保存、女性の恋は上書き保存なんてよく言いますが、実際に男性はなかなか前の彼女のことが忘れられないものです。

もしヨリを戻したいと思った時には、彼があなたのことを思い返していそうなタイミングでさりげなくアピールするといいかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る