周囲から「痛い」って思われてない?バカップルにならないために

皆さんは、恋人とどのようなお付き合いをしていますか?

多くの人が、自分の恋愛は普通だと思っているはずです。

しかし、あなたの思っている「普通」は、他人から見たら「普通」ではないかもしれません。

今回は、周囲から「バカップル」と思われるカップルの特徴について解説したいと思います。

呼び方が独特

相手のことを「○○ちゃん」「○○君」と呼ぶのは普通。しかし、相手のことが好きであるあまり「○○たん」「○○りん」なんて呼んだら痛々しいと思われるのは仕方ありません。

お互いをこんな名前で呼び合っているカップルは、周囲からするとバカップルと思われるどころかイライラさせてしまうことも。

どうしても彼のことを甘い呼び名で呼びたい時は、二人きりの時にするべきです。

公共の場所でいちゃいちゃする

いちゃいちゃは本来、プライベートな場所ですべきもの。

それを公共の場所で、まるで見せつけるようにするのはバカップルである以前にマナー違反。

誰かが乗っているのにも関わらずエレベーターの中でキスをしたり、電車の中で抱き合ったりしていませんか?

彼といちゃいちゃしたい気持ちは分かりますが、それは二人きりになるまでぐっと我慢しましょう。

恋人のことを自慢する

もちろん、多少の自慢は当然のことですし、わざわざそれに目くじらを立てる人なんていないでしょう。

しかし、友達と会っても話題は常に自分の彼氏のことばかり・・・それでは、バカップルと思われてしまうに決まっています。

会話は、相手のことを思いやりながらすべきものです。

いくら彼のことが好きだからといっても、一方的な自慢話ばかりでは相手が疲れてしまいますよ。

擬音の多いぶりっ子言葉

彼の前で、「もう、腹立つなあ、プンプン!」なんてぶりっ子言葉を使ってはいませんか?

たとえ彼がそういう言葉を使うあなたのことが好きだとしても、それを聞かされる周囲の人は痛々しいという想いしか抱くことができません。

また、「○○なんでちゅ」という赤ちゃん言葉もやめましょう。周りに不快感を与えてしまいます。

いかがでしたか?

思い当たる点があるかもしれない、という方は一度行動を見直してみると、周囲と円滑な関係が築けるかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る