彼から別れ話をされたら?思いとどまってもらうための言葉とは

どれだけ激しく燃える恋だったとしても、いつか終わりが訪れてしまうのが恋愛というものです。

お互いにもう冷め切った状態での別れであれば心の傷はそこまで深くないかもしれませんが、こちらがまだ彼の事を想っているのに一方的に別れを切り出されたら、当然のことながら焦りますよね。

でも心配しないで。そんな時、あなたの対応次第では別れ話をなしにできるかもしれないのです。

「それでも私はあなたが好き」

人間誰しも自分のことを好いていてくれる存在がいると安心するものです。

彼から別れ話を切り出されても慌てないで、自分はまだ彼のことが好きなのだということを素直に伝えてみて。

彼も、あなたの本当の気持ちを知って思いとどまってくれるかもしれません。

「いいよ、それなら別れよう」

こちらは逆に別れ話をあっさり受け入れてしまうパターンです。

別れ話をする時、普通は相手が拒否するのではないかと想像しますよね。

でもその想像を裏切ることによって、彼も予想外の展開に驚き、もう一度冷静になってもらうチャンスになるかもしれないのです。

「最後に○○へ連れて行って」

別れ話を拒否はしないけれど、少しだけわがままを言ってみるという手もあります。

最後に、という言葉はなかなか現実味があって彼にとって応える部分があるでしょう。

「本当にこれが終わりになるのか」と思うと、彼も何となく寂しくなって、考え直してくれるかもしれませんよ。

「私のどこがいけなかったの?」

彼に直接自分の欠点を言ってもらうのも良いでしょう。

あなたの欠点を口にすることによって、彼は自分の頭の中を整理する余裕が生まれますし、あなたはそれを改善する努力をすることができます。

結果的に別れを避けられるかもしれません。

他にも、「私がいなくてもやっていけるの?」と脅したり、「話し合いはまた今度にしよう」と問題を先送りにする手段もあります。

いずれにせよ、彼に思いとどまらせる時間を与えるのが別れを来させないための秘訣です。

万が一のことがあった場合のために覚えておくといいかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る