彼が私に冷めた時って?黄色信号のサインはコレ

相手に対する好意は自然と態度に現れるものですが、逆を言えば相手を嫌いな気持ちも知らないうちに行動に出てきてしまうものです。特に男性は、本当の自分を隠しがちな女性と比べて気持ちが行動につながりやすいもの。

「最近彼が冷たいかも?」それはもしかしたら、あなたと彼の関係に黄色信号を示しているのかもしれません。

彼の好意が薄れつつあるのは誰しも認めたくないものですが、時にはそれを自覚することも必要。今回は、彼女との別れを考え始めた男性の「黄色信号サイン」をまとめてみましたので、参考にしていただけると幸いです。

メール頻度が減る

「付き合い始めたときはしょっちゅうメールやラインでやり取りをしていましたが、お互いに冷めてきたせいかその頻度が減ったように感じます」

彼からの連絡が減る場合は、2つの理由が考えられます。

ひとつは、付き合いが長くてお互いに「連絡を取りあわなくても大丈夫」という安心感がある場合。これは特に気にする必要はないでしょう。

問題はもうひとつ、相手に対する興味が失せて連絡が面倒くさくなった場合です。

もし、「最近私ばかりが彼に連絡しているなあ・・・」と感じるのなら、一度ふたりの関係を見つめ直してみたほうがいいかもしれません。

態度が素っ気ない

「最近、話しかけても生返事しか返ってこないことが多い気がします。面倒くさいと思われているのかもしれません」

好意を持っていない相手に親密な態度をとるのは疲れるものです。

手をつないだり、ハグをしたり・・・そんなスキンシップができるのも、相手のことが好きだからこそ。その気持ちがなくなれば、とたんに愛情表現をしてみせるのが苦痛になってきます。素っ気ない態度を取られるのも、その表れなのかもしれません。

デートに誘われることがなくなったとか、記念日を忘れられているなど、思い当たることがあったら要注意です。彼の愛はもう冷めていて、情だけで付き合っているのかもしれません。

スマホばかり見ている

「いつ頃からか、彼がデート中にスマホばかりを見るようになりました。それからしばらくして、自然と関係は消滅しましたね」

好きな人が目の前にいれば、普通は他ごとなんて気にならないものです。

しかし一緒にいるときにスマホを見ているということは、相手よりもスマホの方が大事だと思っているからに他なりません。

夢中になっているのはゲームであったり、友達との連絡であったり。もしかしたら他に気になる人のSNSをチェックしているのかもしれません。

ここのところ彼がスマホばかり見ていると思う人は、彼の気を引くために積極的に会話をしたりデートに誘ったりするとよいでしょう。

大事な話をしてくれない

「昔は悩み事をよく相談してくれていた彼が、愚痴も言わなくなりました。何となく、信頼されていないんだなって思いました」

ふざけ合って楽しい会話をするのもいいですが、真剣に話をするのもふたりの関係を長く続かせるために必要なこと。

それができなくなったということは、信頼関係がうまく築けていないということではないでしょうか。

好きな人には、嬉しいことも悲しいことも、自分の全てを話したくなるものです。つまり、それをしてもらえないのは、もう好意が消えてしまったからだと考えても大げさではありません。

「彼が愚痴ばかり言ってくる・・・」なんて悩んでいる方も、冷たい態度を取らないでしっかり話を聞いてあげることが、良い関係でいるためのポイントですね。

残念ながら、あなたが彼のことを好きだからといって、彼がそうとは限らないのが現実。しかし、冷めてきたサインに気付くことができれば、突然振られる前にふたりの関係を振り返る余裕ができます。

彼の好意が薄れてきたかも?と思ったら、自分たちに足りないものは何かを考え、彼への態度を変えてみることでまた彼の気持ちを引き寄せられるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る