幸せになる条件-ひとりでも生きていける女性になる

幸せな結婚は女性の共通の願いですが、ひとりでいたほうが幸せ、という場合もあります。焦って妥協した選択をするくらいなら、「ひとりでもいい」と思えるくらいの自立心と経済力は欲しいものです。

結婚後のことを考えてみましょう。美容や趣味など自分のことに加えて、家事や仕事や育児など、いくつも同時にこなさなければならないでしょう。もし夫となる男性が家事をまったくしない男性だったら、あなたは夫の世話もしなければなりません。

幸せな結婚を望むなら、男性の家事スキルと育児参加への本気度は早めに見極める必要があります。一番確実なのは彼のご両親を見ることです。もし彼のお母様がお父様の一切のお世話をしているようであれば、ほぼ間違いなく彼もそういう夫になります。そういったお父様を反面教師として、家事ができるようになっている男性もいますが、ごく稀です。

おつきあいしているときに彼のご家族にお会いできないようであれば、彼が子どもの頃、お父様が家事をしていたかを聞いてみてください。もし家事や育児に協力的でない彼と一緒になりたいのであれば、最初から覚悟が必要です。

また現実的には、結婚した女性が育児に専念するあまり、仕事に復帰することが難しいのが現状です。将来お互いの気持ちに変化が出てきてしまった場合、経済力のない女性は子どものためと思い、我慢して夫婦であることを選んでしまいがちです。こうした家庭環境は子どもにとっても良いものではありませんから、女性はいつでも経済的に自立できるようにしましょう。

もしそれが難しいならば、家族のために一生懸命働いてくれる夫に感謝し、彼がもっと頑張って働こうと思える家庭環境を作ることに協力しましょう。どんな状況になっても協力して生きていける家族を作るというのも、女性としてやりがいのある生き方です。自立するにせよ協力するにせよ、いつでも器を大きく、心優しい女性であることを忘れないでください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る