可愛い嫉妬は彼を巧くコントロールする

彼をうまくコントロールするのは可愛い嫉妬かもしれません。「浮気は三回まで許す」と言うと男性は素直に浮気を三回しかしないもの。

しかし、「浮気は絶対に許さない」と言うと、本当に絶対しないか、逆に何回でもするのです。むしろ何回もする男性の方が多いかもしれません。そうして縛られる事を喜んでいるのは付き合い始めた頃だけで、倦怠期が来ると「浮気は絶対許さない」という言葉は可愛げがなくなってしまうのです。浮気以前の問題で、焼きもちが災いするケースも多いのです。

まだ、付き合いも浅いうちから「あたし以外の女性を見ないで」なんて言っていると、大半の男性は引いてしまうもの。街中で、女子高生に視線を向けると怒ったり、テレビのあるアイドルを好きだと言ったら本気で馬鹿にしたり、とにかく「あたしだけ。あたし以外は見ないで」という姿勢は良くありません。男性という生き物は、美しい女性を見て脳を刺激され、興奮する仕組みになっているのです。

あなたの彼氏が、街中で綺麗な女性に視線を奪われるのは、あなたが嫌いとか浮気性とか女好きとか、そういうわけではなく本能なのです。その証拠に、世の中の女性たちは競って綺麗になろうとしています。何のために綺麗になろうとするのかというと男性に振り向いてもらう為です。

男性が美女に振り向く事を世界中の女性たちは知っています。なのに、自分の彼氏になったら、もう他の綺麗な女性は見るなと言うのは勝手すぎるかもしれません。あなたも、綺麗になる努力をして男性を振り向かせた女性の一人なのです。

本能を抑制されると男性はストレスを感じるもの。あなたがちょっとした事でいちいち焼きもちをやくと疲れてしまうでしょう。彼氏の職場にいる女性さえも気になって、落ち着かないという女性は恋愛する事が難しいというのも事実。余裕をもって男性に接しないと逃げられてしまいます。

浮気は誰でもします。要は、浮気で終わるか、本気になってしまうかでしょう。本気になる場合は最初から、あなたを愛していなかったか、冷めていたのです。全く浮気をする気配も見せない、町で綺麗な女性に見向きもしない彼氏は、生真面目を通り越して萎えているのでしょう。そういう男性はモテる事もありません。モテる男性には、常に他の女性が近づいてきます。それを巧くコントロールするには、「可愛い嫉妬」をする事。間違っても本気で怒ったり、縛ったりしてはいけません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る