恋愛の悩みは危険がつきもの?~恋に悩める女性の心理~

人生に「悩み」はつきものです。勉強、仕事、家族、人間関係など様々な面で悩みを抱えることがあるかと思います。その中でも、危険で厄介な悩みが「恋愛の悩み」です。

恋愛の悩みというと、「甘くて切ない」というような表現をされがちですが、実際のところ恋愛の悩みはそんな軽いものではありません。悩みに悩んだ上で苦しんだり、食欲不振や睡眠不足を起こして体を壊したり、様々な弊害をもたらします。最悪の場合、悩みすぎて苦しいことに耐えられず、命を投げ出すこともあるほど。

また自分の身に限らず、「好きな相手をつけ回す」、「執拗に電話・メールする」、などのストーカー行為に発展してしまうこともありますし、エスカレートしすぎて命を狙うケースも。それほどまでに恋愛の悩みというものは「危険な悩み」なのです。

しかも、恋愛の悩みはほかの悩みと違って解決しづらいという厄介な一面があります。勉強、仕事、家族、人間見解などの悩みは良識のある相談相手がいれば、落ち着いて話し合いをすることで解決への道筋が見えるでしょうし、理性的に事態を収拾することができます。

ですが、恋愛ともなると勝手が違います。第三者に相談しても当人の恋愛事情をまるっきり理解できるわけではないので、解決に至らないことがほとんどです。また、理性的になろうとしても「好き」という気持ちが掻きまわしてしまい、解決どころか事態を悪化させてしまう、なんてことも珍しい話ではありません。

「恋は盲目」と昔から言いますから、悩みに悩んで周りが見えなくなること自体、何らおかしいことではありません。その人にとってその恋愛が重要であるからこそ、真剣になり、悩みが深くなるのです。

当前、第三者から見れば、男女の恋愛事情など知ったことではないですが、当人からすれば自分の人生や幸せに大きく関わることですから真剣になるのは当たり前のこと。とはいえ、恋に振り回されすぎては元も子もありません。目的を見失わないよう、恋愛の本質を知る必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る