信じあえていてれば離れていても平気

長距離恋愛をされているカップルもいるでしょう。勉強や仕事などの何らかの事情で頻繁に会えないカップルもいるでしょう。信じあえていれば、離れていても平気ですよね?

愛は肉体の物理的な距離で測ったり、会っている時間で納得したりするような物ではありません。触れ合ったり、おしゃべりしたり、そんな視覚や聴覚によって相手を感じる事は簡単です。しかし、すぐ近くにいても気持ちが届かなかったり、気持がすれ違ったりする事だってあるでしょう。

逆に、遠くにいても、愛されていると実感できたり、いつも気持ちが繋がっていると思ったりする事もあるでしょう。愛は物理的な距離ではなく、気持の距離だと言う事を忘れないでください。

「離れていても平気」と言う人もいるでしょう。それに対し、「もう愛していないからそう思う事ができるのだ」と思うのであれば、それは間違い。気持ちが常に一緒にいるから、信じあえているからこそ、「離れていても平気」と言えるのです。愛しているからこそ、離れていても大丈夫なのです。

一秒でも長く一緒にいたい、離れたくない、真夜中でも会いたくなったら家を飛び出して会いに行く、時にはそんな気持ちも大切でしょう。特に恋愛の初期はそのような気持ちが強いと思います。

しかし、それでは恋愛は長続きしません。自分も相手も負担になる時が来るでしょう。手の届く場所で触れ合えるから信じあえるのではなく、お互いどんなに離れていても信じあえる、「離れていても大丈夫」な関係を築いてください。

関連記事

ページ上部へ戻る