結婚に繋がる出会いはどこからくるのでしょうか?

結婚をしたい、結婚相手を探しているがなかなか出会いがない、という方は多いようですが、では実際に未婚の方と出会える場所に行っているのでしょうか?

出会いのある場所、というのはお見合いパーティや合コンだけではありません。結婚式の2次会や趣味のサークル活動、同窓会などもありますし、今の時代はネットでの出会いの場所も大変多くなっています。そういった場所を大いに活用する必要があります。というか、活用しなければチャンスは簡単にやってきません。

出会いの場所は大きく分けると2パターンあるようです。

1つはお見合いパーティや結婚相談所など、出会い自体を目的にしているところです。しかも結婚を目標に設定しているので集まる方の意識も高く、短時間で成果が出やすい場所。ただし、時間やお金をそのためにかけることになります。逆にいえば、参加される方の真剣度が高いとも言えます。

そして、出会いはありますが短期決戦になるということで、お互いをあまり知らない段階で次のステップに進むか、ここでもう会うことがないか決まってしまいます。ですから人間性や趣味嗜好などと言った深い部分よりも第一印象が大きく関わってきます。

2つ目は趣味のサークルや習い事などの同じ共通点のある人が集まる場所です。ここには既婚者も同性の方も集まってくる可能性が高いので、お見合いパーティほどの出会いの数はないかもしれません。

しかし、共通の趣味を持つということ、体験をするということ、時間をかけてお互いの人間性まで分かるということから、出会いさえあればお付き合いに発展し、そのまま結婚できる可能性もあります。

ただし、結婚を目的に参加している人ばかりではないので、いい方がいても結婚までの段階に至るには少し時間がかかる場合があります。

また今は地域の結婚相談所などばかりではなく、インターネットを利用した出会いの場所の提供もあります。ただし『出会い系』と呼ばれて問題となった例も数多くありますから、顔と顔が見えにくいネットでの出会いはやはり慎重に見極めていかなければなりません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る