紹介してもらいやすい人、もらいにくい人

周りの人に自分が結婚相手を探していることを伝えることは、出会いや紹介をもらえるチャンスを広げるためにとても大切なことです。出会いを増やすためには、出会える可能性のある窓口をたくさん作ることが必要です。

しかし、人に伝えることは重要なこととは言え、してはいけないこともありますので注意したいところです。それは誰かれ構わず、時を選ばず、『誰か紹介して』と言ったり『誰でもいいから紹介して』という節操のないお願いの仕方をすることです。

もしくは、年収は〇〇以上の人がいいとか、職業はお医者さんや弁護士さんが希望、などと自分のことは棚において高望みの希望だけを伝えるような感じでは、どんなにいい人が身近にいたとしても、その人には紹介したくないと考えてしまうものです。

結婚相手との出会いに限らず、仕事でも、友達づきあいでも同じことですが、人間性を信用してもらうことがまずは何よりも大切。

特に結婚を視野に入れた婚活をされている方であれば紹介する側の人間もある程度、責任を感じることが多いのです。雰囲気は合うと思うけど、条件的にどうかな?とか、時間帯が、趣味が・・・、いろいろな事を考えて紹介に至るため、あなたがあまり人間的に信用されていなければ相手の方もなかなか紹介しにくくなるでしょうし、理想の相手を紹介していただける可能性もありません。

紹介する方も頭の中で自然と振り分けをしてしまうのです。

ですから、普段から周りの人とコミュニケーションを取りながら、良好な人間関係を築いておくことが大切。特にいつもさまざまな事で助けてくれたり、普段から穏やかな接し方をしてくれるあなたに結婚相手が見つからないとなれば、いろいろな方が常にあなたを頭の片隅に置いてくれ、未婚の方に会うたびにあなたにどうかしら?と思ってくれるのです。

そんな風に良好な人間関係を築いていくうちに、つないでくれる方が周りに増え、そこから出会いの可能性が広がってくるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る