待っているだけでは出会いはやってきません

結婚したい、いい出会いが欲しいと言いながら全く行動に移せない人がいます。むしろ、そういう人がとても多いため、未婚の方が増え、年齢的に焦りを感じようやく婚活を始める、という流れを感じます。

20代の頃はそれでもまわりに独身の友達もたくさんいて、みんな同じような事を言っていたので結婚なんていつかできるもの、と思っていたのかもしれません。

30代になりまわりがポツポツ結婚し始め、気づいたら独身の人の方が少なくなってきて『これはまずいんじゃないか』と焦り始めるようです。さらに彼氏、彼女すらいない、いや、出会いがない、どこに行ったら運命の人に出会えるの~?と不安になってきます。

しかし、そう思って実際に婚活を始め、出会いを求めて人の集まる場所に足を運ぶ人はとても少ないのです。

今は婚活と言われるぐらい結婚をするための活動や情報が盛んになってきていますが、少し前までは結婚相手を探すためにパーティに出かけたり、お見合いをすることに抵抗を感じる方が多く、結局日々の忙しさに流されてそのまま独身で過ごしている方が多かったようです。

何もせずに待っていても、白馬に乗った王子様はなかなか現れません。

自分にとって都合のいい出会いだけを求めるのではなく、とにかくたくさんの出会いの機会を持つ事です。そして人と出会って接することで自分にとってどういう異性とお付き合いしたらいいのか、結婚するべきなのかが見えてくるのです。

今の時代、男性よりも女性、特に30代後半以降の方の理想の男性はとても少なく、思い描いたような結婚に至る方はごくわずかです。年収などの条件を引き下げるか、譲れない部分が多いのなら出会いの幅を広げるしかありません。

そのためにはとにかく動いて出会いを作ることしかありません。学生時代のようにまわりに異性があふれていた恵まれた環境が今、ないのであればその場でとどまっていてもダメなのです。

ですから仕事の忙しさなどを理由に恋人ができないことを嘆いているヒマがあれば、1回でも多くの出会いの場を持つ努力をしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る