運命の恋は失恋してこそ訪れる?

失恋した後には必ず運命の出会いが!実はこれ、残念ながらドラマのように起こりうるロマンチックなものではなく、人間の心理部分で作り上げた空想なのです。

人間は失恋をすると悲しいだったり悔しいだったり、マイナスの感情が溢れ出してきます。しかしその感情の中でも、どこかプラスに向かわなかれば!という意思が働いているのです。その為、つらい状況の中で新たに出会った人。更にその人との関係が良い方向に進んだ時、自分のプラスの感情を全てその人に向けようとする意識が働きます。

その為、相手の優しさや気遣いが通常よりも倍増して感じられ、自分の救い=運命の人のように認識するのです。これは失恋のみならず、仕事が忙しい時や気持ちが疲れている時にも同じ現象が起きると言われています。

勿論新たな出会いで気持ちを癒やしたり、前に進ませる事は良い事です。しかし、注意して欲しい点もあります。それは闇雲に新しい出会いを探し、そこにばかり固執してしまうという点です。

失恋等で気持ちが疲れている時には、どうしても冷静さを失いがちです。その為、「自分を大切にしてくれるなら誰でもいい!」と、一時の優しさ等にすがってしまい、本当に大切な出会いを見逃してしまう恐れもあるのです。

失恋は辛いものですが、その別れの中には自分の未来にプラスになるヒントが隠されている事もあります。失恋の直後はまずしっかりと現実を受け止め、自分の中で消化して、全てが落ち着いたら改めて、新しい恋に向かって行動をするようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る